変態女と出会いセフレにする方法!変態女とセックスしたいヤツ集合!

このサイトに訪れたあなたは、

「狂ったような変態プレイがしたい」

「なんでもやってくれる変態女のセフレがほしい」

 

…そんな心の闇を抱えているのではないだろうか?
 

もちろん、管理人である私もその一人だ。

 

その欲望を抑えきれず、私は「変態女」と出会うために人生をかけ、多くの時間を費やしてきた。
 

そして、今では充実した変態セックスライフを送っている。

 

では、私はどうやって変態女と出会い、そしてセフレにできたのか?
 

それはこのサイト内にすべて「ノウハウ」としてまとめてある。

 

つまり、このサイトを熟読すれば、「変態プレイをさせてくれる変態女と出会い、セフレにする方法」をマスターすることができるのだ。

 

もし、本気であなたが変態女と変態セックスをしたいのであれば、ぜひ最後まで読んで欲しい。
 

覚悟はいいか? オレはできているッ!

 

変態女と出会いたいなら出会い系が最強!

変態女と出会いたいなら出会い系が最強!

結論から言うと、「変態女と出会いたいなら出会い系サイトが最強」である。
 

これを聞いて、アナタは「おいおい、出会い系なんてサクラばっかりで全然ヤレないだろ」と思っているかもしれない。

 

しかし、それはダメな出会い系を選んでしまった場合であり、ちゃんとした出会い系を選べば、簡単にセックスできるしセフレを作ることも可能
 だ。
 

そして、出会い系には変態女がたくさんいるし、ちゃんと出会えるし、そしてセックスしやすいので効率が良い。

 

もちろん、これはただの経験談だけではなく、しっかりとした理由がある。
 

その理由を下記の3つにまとめてみた。
 

これを読めば、出会い系が「変態女と出会いセックス・セフレにするには、いかに出会い系サイトが効率が良いのか」が納得できるだろう。

 

 

【理由1】ワリキリ女が多いので簡単にヤレる

【理由1】ワリキリ女が多いので簡単にヤレる

1つ目の理由として、出会い系サイトは「ワリキリ女が多く、簡単にヤレる」からである。
 

ちなみに「変態女」と「ワリキリ女」というのは表裏一体だ。

 

ワリキリ女というのは「性(セックス)」に貪欲なため、簡単にセックスできる場合がほとんどである。
 

このような「セックスだけ求めているような変態女」が、出会い系には腐るほどいる。

 

その理由は、出会い系は「お互いを知らない状態で会える」ため、女側としてワリキリ目的のパートナーを探すのに都合がいいからだ。
 

普段、ふつうに生活しているだけだとセックスしたくても「都合いい相手」がなかなか見つからないのが現実だ。

 

アナタもそうではないだろうか?
 

そして、これは男だけでなく「女側」にも同じことが言える。
 

とくに変態女であれば、よりその想いは強いだろう。

 

そんな中、「割り切った関係」で出会える出会い系サイトは、「簡単に性欲を発散できる場所」として変態女が利用する率が高いのだ。
 

これは、管理人が出会い系で見つけた変態女のセフレから聞いた話なので、信憑性は非常に高い。
 

そして、管理人も実際に多くの変態女とセクロスしている。

 

 

【理由2】自称変態が多いので話が早い

【理由2】自称変態が多いので話が早い

出会い系サイトに登録している女というのは、要は「自分の欲望を発散したい」から登録しているのだ。
 

その欲望は「彼氏が欲しい」だったり、「異性の飲み友達が欲しい」だったり、様々だ。

 

しかし、一定層は「ワリキリの肉体関係目的」の女がいるのだ。
 

そして、こういった女は「性欲」が非常に強く、「自称変態」が非常に多い。

 

そのため、セックスやセフレの関係までいくのに話が早いのだ。
 

自称変態を名乗っているため「どんなプレイが好きか?」「SなのかMなのか?」などの「下ネタやエロい話」がしやすく、余計な駆け引きなしで、すぐにセックスしやすい。

 

しかも、実際に仲良くなれば「緊縛プレイ・目隠し・スパンキング」といった変態プレイも進んでやってくれるから、こちらとしては非常にありがたい。
 

そして「自称変態」というだけあって、慣れてくれば「アナルセックス」や「野外プレイ」も喜んで引き受けてくれる女も多い。

 

また、仮に「変態」とまでいかなくても、実際セックスしたら「クンニ好きな女」や「焦らし・言葉攻めが好きな女」などM気質タイプの女も多かった。
 

管理人はドS体質なため、非常に相性がよかった。

 

もし、これがナンパだったり合コンであれば、相当な数を打たなければ、変態女に出会うことは難しい。
 

このように、出会い系には自称変態女が非常に多いので、とにかく話が早い。

 

 

【理由3】ノウハウを使えば初心者でもセックスまで行きやすい

【理由3】ノウハウを使えば初心者でもセックスまで行きやすい

出会い系サイトの一番良い点はコレだ。
 

仮に、「ナンパ」や「合コン」などで変態女を探すとなると、必ず「トーク力」や「コミュ力」が必要となってくる。

 

とくにナンパともなれば、いくらシカトされてもヘコたれない強靭なメンタルが必要だ。
 

また、合コンともなれば一緒に合コンに参加している男達は、大きなライバルとなる。

 

イケメンがもしいたら、全部そいつに持っていかれてしまうだろう。
 

しかし、出会い系サイトで女を漁る場合、「ちゃんとしたやり方(ノウハウ)」さえ知っていれば、誰がやっても高確率でセックスまで行きやすいのだ。

 

基本はスマホでのメッセージのやり取りなので、ノウハウのテンプレを使えば、トーク力など必要ない。
 

また、自分の写真などもある程度はカッコよく見せれるので、実際に合コンに行くよりも、セックスできる確率は上がる。

 

そして何より、「ちゃんとしたノウハウ」を使えば、女側の反応が良いので、いつも合コンで持ち帰れないという人でも高確率でセックスできる。
 

しかも管理人が教える方法は、一般的な「出会い系でセックスする方法」ではなく、「出会い系で変態女に狙いを定め、変態女とセックスするためノウハウ」だ。

 

ちなみに、変態女は一度セックスできてしまえば、よっぽど体の相性が合わない場合以外、ほぼほぼリピートでセックス(つまりセフレ)できる。
 

このように、出会い系サイトで変態女を探す方法は、リアルで探すよりもセックスまで行きやすい。
 

では、ココからは「出会い系で変態女をセフレにするためのノウハウ」について伝授していこう。

 

⇒管理人が変態女と一番ヤレた出会い系はココ

 

変態女をセフレにするための「出会い系ノウハウ」はコレ

出会い系で変態女と出会い、セックスするためのノウハウは下記の5つだ。

↓ ↓ ↓ ↓
 

 

まず、どの出会い系サイトを選べばいいのか?
 

次に、出会い系内で変態女をどうやって探すのか?
 

そして、出会い系内で女ウケの良い「自分のプロフィール設定」の仕方。
 

さらに、変態女と仲良くなり実際に会うまでの流れ。
 

最後に、実際に会ったときのセックスまでの流れ、セフレにする方法だ。

 

もし本気で変態女とセックスしてセフレにしたいなら、しっかり読んで実行してみてくれ。

ちなみに、このサイトもセフレを作る方法としては非常に参考になるので、読んでおいて損はないだろう⇒セフレの探し方ならこのサイトを参考に

 

⇒管理人が変態女と一番ヤレた出会い系はココ

 

変態女と確実に出会いセフレにする秘策

変態女と確実に出会いセフレにする秘策

上の5つのノウハウをちゃんと実行すれば、高確率で変態女に出会えて、かつセックスまでいける。
 

しかし、より確実に、しかも効率よく、出会い系で変態女と出会える秘策が1つある。

 

それは、出会い系を利用する際にまず初めに「3000円」ほど課金することだ。

 

「金がかかるなんて嫌だ!」と思うかもしれない。
 

そして、課金しないで無料で出会い系を利用することはもちろん可能だ。

 

だが、効率よく、かつスピーディーに変態女のセフレが欲しいなら、まずはこの秘策を最後まで読んでから判断してくれ。

 

はじめに言っておくが、管理人である私は、最初は無課金で無料で出会い系を利用していたが、今では月に4~5000円ほど課金している。
 

その理由は、「課金した方が断然、女と出会えるから」だ。

 

出会い系サイトというのは、基本的にはメッセージを送るのに「ポイント」が必要となる。
 

このポイントは、ソシャゲのように「デイリーボーナス」や「ログインボーナス」で毎日いくらかはもらえる。
 

それを上手く使えば無料で利用できるので、「無料で変態女とで会うことも可能」だ。

 

しかし実際のところ、無課金だと「打てる弾数(送れるメッセージ数)」が少なくなる。
 

そうなると効率が非常に悪く、変態女に出会えるチャンスも逃してしまうことになる。

 

ちなみに、私がよく使っている出会い系では、3000円課金すると5倍も多くメッセージを送ることができる。
 

通常、月に25通ぐらいしか送れないが、3000円課金すると120通ほど送れるようになるのだ。

 

出会い系サイトに限らず、どんなことでも「母数」が多いほうが、成功する確率は上がる。
 

ちなみに、合コン・街コン・相席屋などで女と出会おうとすれば、軽く10000円は超えるだろう。

 

しかも、全然セックスできないことなんてザラだ。
 

仮に風俗に行けば、最低でも15000円はかかるだろう。

 

それに比べれば、出会い系で3000円の投資はかなり安いと思う。
 

たった3000円で変態女とセフレ関係になれるのだから。

 

もちろん、課金しなければ出会い系で変態女とセックスできなというワケではない。

 

ただ、それはある程度慣れてきた「手練れ」だからこそできることだ。
 

もしアナタが本気で変態女をセフレにしたいのであれば、「安いキャバクラに行くもの」と思って出会い系に投資してみることをお勧めする。

 

もちろん、決めるのはアナタだ。

 

 

変態女をセフレにするとこんなメリットが!

変態女をセフレにするとこんなメリットが!

ここからは、改めて変態女と出会うことでのメリットを紹介しよう。
 

まだ、「自分はそこまで変態女のセフレを欲していない」という人も、まずこのメリットを読めば、明日から「変態女」を探す毎日になるだろう。

 

【1】普通のセフレよりも都合が良い

普通のセフレよりも都合が良い

「変態女をセフレにするの一番のメリット」は「普通のセフレよりも都合が良い」という点だ。
 

今まで管理人は様々なセフレを作り、セックスする日々を送っていたが、なんといっても「お金がかかる」「時間の無駄が多い」という点はどうしても改善できなかった。

 

セフレを作ったことがある人は分かるだろうが、本当に「ヤるだけの関係」というのは、なかなか難しいのだ。
 

実際は、セフレと「デートもどき」をしたり、「ご飯」を食べにいったりしなければ、なかなかセフレ関係を継続しにくい。

 

また、セフレ側が本気になってしまい、話を聞いてあげなければならないこともある。
 

そのほか、LINEでのやり取りといった「アフターフォロー」を適当にしすぎていると、セフレが離れて行ってしまうことがほとんどだった。

 

「彼女を作るのが面倒」「デートしたりするのは時間のムダ」と考えセフレを作ったのに、「彼女を作ったときとあまり変わらない対応」をしていることに気がついたのだ。
 

しかし、変態女は「SEXすること」を何よりも優先してくれるので、このような煩わしいことが一切ない。

 

「ホテル前に集合、ホテル前で解散」は当たり前、相手もセックスがしたいからホテル代は割り勘。
 

また、ホテル代がもったいなければ、公園やビルの陰で野外プレイすればホテル代が浮くし、カーセックス(車内)すれば移動する手間も省け、かつスリルを味わうことができる。

 

ここまで「セフレ」として都合が良いのは、変態女しかいないだろう。

 

⇒管理人が変態女と一番ヤレた出会い系はココ

 

【2】望むままの変態プレイを受け入れてくれる

望むままの変態プレイを受け入れてくれる

変態女には、「望むままの変態プレイを受け入れてくれるドM体質の女」が非常に多い。
 

経験上、「ドSが2割」「ドMは8割」といった感じの割合だが、ほとんどがドMの変態野郎なのだ。

 

「野外プレイ(屋外)」や「露出プレイ」は、朝飯前。
 

そんなプレイをする際は、めちゃくっくちゃ「感度」は良くなっていることが多く、「ザ変態」といったところだ。

 

他にもアナルセックス好きの介護士もいて、ローションを使ってスカトロもやった。
 

ちなみに、片付けにかなり時間がかかるので、興味半分でやると大変である。

 

とにかく、変態女をセフレできれば、自分の興味がある変態プレイは一通りやることができるのだ。
 

こだわりが強い人は、変態女のセフレを探すのは一番いいだろう。

 

 

変態女と出会えるがセフレにはしにくい方法

変態女と出会えるがセフレにはしにくい方法

上記でも述べたが、変態女をセフレにしたいなら「出会い系サイト」で探すのが一番効率が良い。
 

しかし、出会い系以外にも変態女と出会う方法は存在する。

 

ただ、これから紹介する変態女に出会う方法は「セフレにはしにくい」ので、よく考えて実行してみてくれ。

 

ハプニングバーで変態女と出会う

ハプニングバーで変態女と出会う

リアルで変態女が集まる場所。
 

それは「ハプニングバー」である。

 

通称「ハプバー」とも呼ばれているが、簡単に説明すると「男女が集まり、乱交できるバー」だと思ってくれていい。

 

ハプニングバーは、クラブに雰囲気が似ているところもあれば、バーに近いところもある。
 

ただ、いつセックスできてもいいように、「マット」や「SMスペース」が置いてある「ヤリ部屋」があるのだ。

 

もちろん、ハプニングバーに来る女の9割は「変態女」である。
 

しかし、ハプニングバーで変態女とセックスしようとするのは、なかなか大変だ。

 

ハプニングバーというのは、形式は「クラブ」と似ているところが多く、こちらから声をかけてナンパしないと、変態女とSEXまでもっていくことはできない。
 

つまり、ある程度の「コミュ力」や「トークのセンス」が必要になる。
 

ナンパに自信がない人であれば、出会い系で変態女を探したほうが楽だ。

 

ハプニングバーの声掛けで「よくやりがちな失敗」としては、最初から変態女だと決めつけエッチな質問をしまくるパターンだ。
 

これは高確率で変態女側にシカトされるのでやめておこう。

 

変態女だからといって、初対面ではいきなり下ネタは避けたほうが良い。
 

また、ハプニングバーにいる変態女は意外とプライドが高いので、タチも悪い。
 

コミュニケーションをとり、少しずつ警戒心を解いてからエロい話に持っていこう。

 

そして、上手ナンパできれば、その場で知り合った変態女とすぐセックスできる。
 

お互いの同意があれば3Pや4Pも可能だし、乱交セックスもできることがある。

 

ちなみに、有名なハプバーであれば「有名なAV女優」がプライベートで遊びに来ていることがある。
 

そして、運が良ければヤレる。
 

※管理人は以前、渋谷のハプバーで「青●りん」という爆乳AV女優に出くわしたことがあり、10Pすることができた。

 

ただ、初心者だと、ハプニングバーでセックスすることは、まず難しいだろう。
 

多くの場合、ハプニングバーに初めていくと、その場の雰囲気に飲まれてしまい、まったく女に声をかけることはできない。

 

そして、他人がセックスしまくっているのを見て、絶望的な敗北感を感じて帰宅するのである。
 

ハプニングバーは、よっぽどナンパが得意でない限り、何度も通わないとセックスまでたどり着くことが難しいのだ。

 

また、ハプバーの一番の難点としては「セックスした女と連絡先の交換ができない」ということだ。
 

これがハプニングバーで変態女をセフレにできない大きな理由である。

 

ハプバーというのは、営業違反すると、とにかく警察にガサ入れされやすい。
 

そもそも、ハプニングバーは「出会いの場」としてではなく、いちおう「飲食店」として営業している。
 

そのため、「ハプバーで客同士がセックスして連絡先を交換している」ということになってしまうと、「売春のあっせん」といった感じで警察に目を付けられてしまうのだ。

 

これらの理由から、ハプニングバーでは客同士の連絡先の交換に関しては、異常なほど厳しい。
 

見つかったら罰金、もしくは出禁の対象だ。

 

厳しくスタッフが監視しているので、仮に変態女と知り合ったとしても、LINEなどの連絡先の交換は不可能だろう。
 

それと、ハプニングバーはとにかく「男性側の入場料」が高い。

 

1回入場するだけで「2~3万円」はかかると思ってくれ。
 

このように、ハプニングバーは金がかかるし、変態女とセックスできる確率はあるが、セフレにするには難しいのだ。

 

 

カップル喫茶(スワッピング)で変態女と出会う

カップル喫茶(スワッピング)

「カップル喫茶」というのは、ハプニングバーと似た形式のお店だ。
 

このカップル喫茶は、ハプバーよりさらにセックスできる場所だと思ってくれいい。

 

カップル喫茶にくる女は、基本的に「見せたがりの変態女」がほとんどである。
 

カップルの場合であれば、パートナーがほかの異性とセックスしているのを見て楽しむ「寝とられ(NTR)」が好きなイカレた人種たちだ。

 

いわゆるスワッピングプレイを楽しみに来ているのである。
 

カップル喫茶は、まさに変態パラダイスといえるだろう。

 

しかしカップル喫茶は、変態女と3Pや乱交が可能だが、「自分一人では行けない」という点が難点である。
 

要するに、カップルで行かなければならないため、「一緒にいってくれる女」を探さないと、カップル喫茶には入れない。

 

そんな女を探している時間があるならば、出会い系で変態女を探したほうが効率的だろう。
 

ましてや、カップル喫茶には「カップル」しかいないため、変態女を見つけてもセフレにはなってくれない。

 

このように、カップル喫茶には変態女は多いかもしれないが、セフレにするとなるとかなり難しいのである。

 

 

ツイッターで裏垢女子を狙う

ツイッターで裏垢女子を狙う

最近、ツイッターで話題になっている「裏垢女子」という存在を知っているだろうか?
 

ツイッターで「#裏垢女子」と検索すると出てくるので、ぜひ見てほしい。

 

この裏垢女子というのは、「ツイッターで裏アカウントを作り、自分の裸やエッチな画像を載せて、欲望を発散させている女子」のことである。
 

要するに、普段の自分のアカウントではできないエロい発信を、裏垢を使い行っている変態女のことだ。

 

そして、一定の裏垢女子は「オフパコ」「密会」などと称し、不特定多数のフォロワーとセックスしまくっているのだ。

※オフパコというのは、「オフラインでパコる」の略。

 

そして、この裏垢女子というのは、こぞってバカな変態女が多い。
 

そもそも自分のエロ画像を、未来永劫残ってしまうネット上に自ら晒すのだから、頭の悪さはピカイチである。
 

中には、顔出しまでしているアホもけっこういるのだ(しかも結構カワイイ)。

 

この裏垢女子の変態女と連絡を取り、オフパコし、セフレにするのだ。
 

まず、twitterで「#裏垢女子」で検索し、ヤレそうな裏垢女子を探す。

 

大体の裏垢女子は「自撮りエロ画像」を大量にツイートしているが、変態女を狙いたいなら「ハメ撮り」や「大人のおもちゃ(電マ・バイブ)を使ったオナニー動画」を投稿しているアカウントがオススメだ。
 

その後、とりあえずフォローして、その裏垢女子がツイートする度にコメントしてアピールする。

 

下ネタ全開のコメントだと即ブロックされるので、「褒める」ということだけ意識してコメントは入れよう。
 

すると、「オフパコしたーい」とかツイートする時があるので、すかさずDMを送るのだ。

 

しかし「かわいい裏垢女子」は基本的に人気が高く、ライバルも多くて、本人からも相手にされにくい。
 

なので、「新参者の裏垢女子」を狙い、すぐさまDMを送ってコンタクトを取る…という戦法のがセックスできる確率は高い「だろう。

 

新規参入の裏垢女子は、フォロワーやツイート数も少なく、まだ人気がでていないため、DMを送っても返信が返ってくる可能性が高いのだ。
 

ちなみに、裏垢女子は「20アカウントにDMを送って、1人返信がくればイイほう」と思っていてくれ。
 

明らかに出会い系のほうが反応率がいいが。。。

 

ただ、返信があったからといって「必ず会える」というわけではない。
 

裏垢女子は多くの男から求愛されるため、よっぽど気に入られない限り、すぐに連絡が途絶えてしまう場合が多いのだ。

 

また、裏垢女子のアカウントの中には、「詐欺業者」や「裏風俗」なども潜んでいる。
 

この場合、詐欺サイトに誘導されたり、援助交際の話を持ち掛けられる。

 

ヘタに援助交際の話に載ってしまうと、「美人局による恐喝」を受けたりする場合もあるし、「写真と別人のクソブスが来て、最初に言ってた料金と全然違う」というパターンもある。
 

これらの手間と危険を冒すのであれば、出会い系で変態女を探したほうが、楽で時間もかからないし、成功率も高い。

 

 

会員制の乱交パーティーを必至に探す

会員制の乱交パーティーを必至に探す

変態女と確実に出会い、セックスする方法に一番近いのが「会員制の乱交パーティー」である。
 

会員制であるがゆえに入りにくが、会員制の乱交パーティーは女の質が高く、変態セックスできる可能性も格段に高い。

 

また、参加している女はもれなく全員変態女である。
 

管理人も以前に、この会員制の乱交パーティーに招待されたことがあり、今までのどの光景よりも興奮したのを覚えている。

 

AVで見る乱交パーティそのまんまだったからだ。
 

まだ当時は年齢が若かったこともあり、変態お姉さん達に手取り足とり優しくしてもらった。

 

しかし当時、その乱交パーティーの会員になるのには20万以上の会費がかかったため、さすがに払えず、体験でしかいけなかったのだ。
 

また、こういった会員制の乱交パーティーは招待されないと入会できないため、今は入りたくても入れない。

 

大体、紹介してくれる人は闇の住人か、風俗営業している人など、普通に生きているとまず会うことないような人たちだ。
 

そのため、なかなか普通の人が会員制の乱交パーティーに入ることは難しい

 

このように、会員制の乱交パーティーは変態女とセックスしまくれるが、なかなか現実的には入りにくい。
 

出会い系で変態女を探したほうが、財布的にも優しいだろう。

 

 

メンヘラを落として変態女に調教する

メンヘラを落として調教する

かなり回りくどいやり方だが「メンヘラを落とし、調教して変態にする」のもひとつの手だ。
 

メンヘラは、惚れさせてしまえば基本的にこっちのいいなりになるため、調教するにはもってこいの人材。

 

また、メンヘラというのは多くの場合、アニメ好きやオタク文化が好きなので、エロマンガなどの知識も豊富であり、思考回路は変態に近い。
 

それに、メンヘラにはコスプレイヤーなども多いため、コスプレセックスもやり放題だ。
 

メンヘラはドMも多いので、「首絞めプレイ」や「イマラチオ」などもガンガンできる。

 

このように、自分好みの変態に調教できるのが、メンヘラの一番のメリットである。
 

しかしメンヘラは依存性が高いため、一歩間違えると朝から晩まで連絡を取り続けなければいけないし、束縛もめちゃくちゃされる。

 

そして、会うたびに「私のこと本当に好き?」などの不毛な質問攻めに合い、こっちの精神状態をヤラれる可能性もある。
 

ただし、上手く距離を置いて対応できれば、非常に都合のいいセフレ女になることは間違いない。

 

まとめると、メンヘラは変態女の可能性が高く、付き合い方を間違えなければセフレにもしやすいのでおすすめだ。
 

ちなみに、出会い系には「簡単にヤレるメンヘラ」がめちゃめちゃいるので、メンヘラ女を探すなら出会い系がオススメだ。